コンテンツ・ゲームで遊ぶ

ANTSEATが標準対応している「SIMVR-Tools」プラットフォームでの導入方法です。
ほかのプラットフォームでの導入は各公式サイトをご確認ください。

ProjectCarsシリーズ

Slightly Mad Studiosが開発したリアルレーシングゲーム。ProjectCars1~3まで3タイトルに対応しています。VRと組み合わせた体感を体験できます。

Xplane11

Sim Racing Studioは49.99ドルの買い切りで80本以上の有名コンテンツに対応しており導入すればANTSEATの世界がグっと広がります。また新作コンテンツへの対応がSim Toolsよりも比較的、早い印象です。

Assetto Corsaシリーズ

Sim Racing Studioは49.99ドルの買い切りで80本以上の有名コンテンツに対応しており導入すればANTSEATの世界がグっと広がります。また新作コンテンツへの対応がSim Toolsよりも比較的、早い印象です。

DiRTシリーズ

Sim Racing Studioは49.99ドルの買い切りで80本以上の有名コンテンツに対応しており導入すればANTSEATの世界がグっと広がります。また新作コンテンツへの対応がSim Toolsよりも比較的、早い印象です。

MS Flight Simulator 2020

Sim Racing Studioは49.99ドルの買い切りで80本以上の有名コンテンツに対応しており導入すればANTSEATの世界がグっと広がります。また新作コンテンツへの対応がSim Toolsよりも比較的、早い印象です。

rFactorシリーズ

Sim Racing Studioは49.99ドルの買い切りで80本以上の有名コンテンツに対応しており導入すればANTSEATの世界がグっと広がります。また新作コンテンツへの対応がSim Toolsよりも比較的、早い印象です。

ANTSEAT向けに開発(SIMVR-Tools)

SIMVR-Toolsを使用することでANTSEAT向けにUnity、UnrealEngineを使用してコンテンツを開発することができます。ANTSEATに提供されたコンテンツは、改造することなく、産業用向けモーションチェア「SIMVR」に応用も可能です。