開発を支えるANTSEAT SDK

SDKは、C++/C#/Pythonといったメジャーな開発言語に対応しています。開発3D環境としては、Unity/UnrealEngineに標準で対応しており、プロジェクトファイルがあればカメラ情報から自動計算でモーションを付けられます。対応OSは、Windows/Linux/Androidです。

モーションシミュレーター ANTSEAT (アントシート)

ANTSEAT SDKの技術紹介

タイムライン制御

antseat タイムライン制御

映像や音楽に同期させてシミュレータを動作させることが可能です。映画のシーンのタイミングに合わせて椅子が動くことで、体験型映画館を実装することができます。

リアルタイム姿勢計算

antseat_技術紹介リアルタイム姿勢計算

ソフトウェアから取得したカメラ情報や、追跡する対象物の移動情報をもとにSDKを用いて自動的にモーションシートの姿勢を計算します。

軸挙動データ取り込み

antseat 技術紹介軸挙動データ取り込み

各種ソフトウェアから計測されたデータをANTSEATへ入力することで、運動を再現することができます。地震の波形CSVデータや車載カメラのGPXデータなどを解析し、モーションシートへ出力します。

3次元入力制御

antseat 技術紹介3次元入力制御

3Dマウスと組み合わせることで、より直感に近い操作でモーションシートを制御することができます。また入力したデータはそのまま保存することができるため、効率的に挙動を製作することができます。

GPIO制御

antseat 技術紹介M5Stackとの連携

ANTSEATはGPIOに対応していますので、ハードウェアの拡張が容易に可能です。ご利用用途に合わせて必要なオプションパーツを接続する事で様々な要望を実現します。

無線通信制御

antseat 技術紹介無線通信制御

PCを介さずに動作するスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイと直接無線接続することで、機器構成をシンプルにした運用が可能です。

フライトシム ANTSEAT (アントシート)